HOME > 岡山市旅館ホテル協同組合とは

岡山市旅館ホテル協同組合とは

設立と沿革

 岡山市旅館ホテル協同組合は、既に戦前から組合として組織されていた岡山市東旅館組合・岡山市西旅館組合と昭和24年設立の岡山観光三業組合の3組合統合により、昭和37年12月事業協同組合として設立しました。また、設立と同時に、全国旅館生活衛生同業組合連合会(全旅連)の岡山県組合岡山支部として、全国組織にも加入しています。組合設立の意志決定は、昭和37年度岡山国体開催で、岡山県から宿泊部門の協力要請を受け、宿泊施設統合が不可欠との判断で、前年度始めから国体準備委員会と3組合合同の協議が直接動議になりました。
爾来40年、大規模プロジェクトである、山陽新幹線開業、瀬戸大橋開通を経て、観光・ビジネスで岡山宿泊の皆様に、時代のニーズに即応した安らぎの宿を提供し、現在に至っております。

目的

 組合員の相互扶助の精神に基づき、必要な共同事業を行い、もって自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図り、あわせて旅館・ホテル営業については、衛生施設の改善向上、その衛生水準の維持向上を図ることを目的としています。

概要

名称 岡山市旅館ホテル協同組合
住所 〒700-0812 岡山市北区出石町1-2-4 鷹匠ハイツ201
電話・FAX TEL. 086-233-5582 / FAX. 086-233-5580
代表理事 高畠 大作
組合員数 34組合員
設立年月日 昭和37年12月19日
地区域 岡山市
関連団体 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会
岡山県旅館ホテル生活衛生同業組合
岡山県産業労働部観光課
(公社)岡山県観光連盟
岡山市経済局観光コンベンション推進課
(公社)おかやま観光コンベンション協会
岡山県生活衛生営業指導センター

 

岡山市旅館ホテル協同組合とは

このページの先頭へ戻る